最優秀賞受賞2016年03月07日 11時24分05秒

 盛岡市の駅前にある開運橋が昨年暮れに塗り替えられて新たなイルミネーションで飾られた。
 これを記念してこの開運橋のフォトコンテストが昼の部と夜景の部で行われた。
 クリスマス期間の数日マリオスビルにはハートマークがともされる。橋の照明は単色から虹のように変化する。
 盛岡駅に向かって家路に急ぐ人々は暖かい心に包まれているようだった。
 この橋は転勤で着任した時に泣いて渡り、暖かい人々と接し盛岡を離れる時に涙してわたるので2度泣き橋というそうだ。
 この写真は冬の国体も近く秋の国体も待っている。選手たちが勝負の結果を越えて盛岡の良さを感じ涙してわたってくれるのを望んでいる。
 そんなことを考えながら画面いっぱいに構図にいれて撮った。題名は「ウエルカム盛岡!」とし、ワイド四切りサイズで応募した作品である。
ウエルカム盛岡!
 数日前、「最優秀賞受賞」の通知を盛岡市長から届いた。
撮っている時、多くの人が撮っていたから同じ写真がたくさん応募しているだろう。素直にうれしい。応募締め切り日の二月一九日は私の傘寿の誕生日、きっとお祝いに神様が仕向けてくれたのだろう。

玉川の紅葉2014年10月27日 12時43分07秒

 大学時代の同級会が卒業55年を記念して角館で2㊂~24日行われた。
 今回の同級会は水理学の物部博士の生まれ故郷に建つ物部記念館を訪ねるのが目的だった。その日は、鶴の湯温泉で昼食したのち田沢湖駅で解散した。
 その夜は北海道から来た友と新玉川温泉に泊まり翌朝そこで解散した。
 盛岡から娘に迎えに来てもらって紅葉の玉川周辺を撮りながら帰ってきた。
 
玉川の紅葉










これは前日立ち寄った通の湯の高揚である。
この頃はキーボードを打つのにも苦労しており、私の本サイト”巣林一枝”にも新しいページを作れないでおり、何とかコノプログだけでもと思うのだが・・・・何とも自分のふがいなさに涙が出る。

秋の八幡平2014年10月08日 11時49分36秒

 久しぶりに紅葉の八幡平アスピーデラインに娘の院展で連れて行ってもらった。
八幡平






車でなければ行けない場所、次は何時来れるかと考えながら車を止めさせて撮ってきた。
心は八幡沼まで歩きたかったが何せ孫を連れては行けず、自分で運転して自由に楽しんだ頃がつくづく懐かしく思う!!

安比高原の春香織残雪2014年05月14日 18時25分10秒

 13日いがりまさしWSが安比高原で行われ参加した。
高原のブバ林はまだ残雪に覆われていた。積雪が消えたところからキクザキイチゲが咲きだしていたが午後の3時過ぎには寒さで花が閉じてしまった。
 ミネザクラが咲きだしており、ようやく春が訪れたところである。
 残雪の上にはブナの芽を覆っていた苞が芽吹きとともに落ちてきて残雪を覆っている。
ブナ林芽吹きの季
 小雨時折降りだす状況だったが、それが春の霞みとブナの芽吹きとあわせて霞む景色は何とも言えない美しさだった。
ミネザクラ開花
 今はちょうどブナ林地帯の芽吹いているのが良くわかる
ブナ林地帯が芽吹き

ブナ林の中はとても明る美くしい。
芽吹きのブナ林


積雪の消えたところから順番にキクザキイチゲが咲きだしている。
キクザキイチゲ
 西岳を眺めて帰路についたが久しぶり重いカメラ機材の重さで足が痛い。
 新鮮な空気で思い切り呼吸し春を感じてきた一日だった。


松川渓流の紅葉2013年11月01日 16時55分41秒

 10月28日の早朝、陽が昇るとともに撮影して歩いた。前日は雨だったがとても良い朝だった。
朝日を受けて紅葉がとても美しく輝いてくれた。
森の大橋から

渓流まで日が届かなかったがいい色に染まっていた

橋の上から毎度の構図

朝日が昇って谷に陽が差してきた。ここでは載せてないが11月15日から17日まで行うサークル写真展(いわてエスポワール)の作品をゲット!!

朝日を浴びると紅葉の色がさらに引き立つ

岩手山に新たに雪が降ったようだ

定番の白樺向こうから朝日が入ってきた。
ここでも作品展用の写真をゲットした。

十和田湖の朝日2013年10月21日 17時55分58秒

 十和田の西海岸からの朝日と湖畔の紅葉を撮りたくて2泊3日の日程で出かけた。
 西岸にあるホテルで青森駅まで送迎車来てくれるプリンスホテルに9月初めに予約していた。26号台風のこともあって天候だけが心配していたが18日はよく晴れて朝日を見ることができた。
 5時過ぎに起きて山波が赤く染まりだすのを待ってホテルを出た。朝日が出てきたのは6時5分過ぎだった。
十和田湖の朝日

湖畔の木々はまだ紅葉しておらず、ナナカマドが色好きはじめており何とか下のように秋らしくトルコ余ができた。

これは日が昇ってきた瞬間

湖畔に立つホテルが朝日を浴びていい雰囲気に撮れた。
十和田プリンスホテル

日中はタクシーを呼んで奥入瀬から蔦6沼を歩き、初雪の八甲田を眺めてきた。
下の写真は奥入瀬。まだまだ紅葉が進んでいなかった。
奥入瀬

蔦6沼を回るコースも紅葉の盛りにはまだ早かった。
長沼

八甲田は紅葉と初雪の山と紅葉を合わせてみることができた。
八甲田

城ヶ倉大橋の紅葉が良かったが雲が多くなって日景に隠れて今一つ鮮やかな紅葉を見ることができなかった。
城ヶ倉大橋から
 
 ホテルの送迎車は黒石廻りで新青森駅まで1時間半、新青森駅から盛岡までの新幹線は1時間の工程で帰宅した。

徳仙丈岳のうつじ2013年06月04日 10時58分16秒

 気仙沼の徳仙丈岳のつつじにフォトDの仲間たちと出かけた。


海はかすんでいるのでよく見えなかった





6月の岩手山2013年06月04日 10時39分42秒

6月の岩手山を撮りに出かけた。滝沢森林公園までの自転車ツアーである。
6月の岩手山
狙っていた逆さ岩手山をゲット
森林公園からの姫神山
姫神山
森林公園の緑も濃くなってきた。
森林公園
ネイチャーセンターにもよってきた。
キジバトが木陰に休んでいる。
キジバト
コケを巣の材料にっするシジュウカラ
シジュウカラ


幸せの時間2013年05月14日 20時50分36秒

 ようやく手にした憧れのレンズで初めての写真撮りは盛岡の桜では最後になる米内浄水場の枝垂桜になりました。
幸せの時間
 これは重いズームレンズだけど気にっています。
花暖簾
 35mmで
米内のベニシダレ
これは105mmです
豪華な空間
これも105mmです
ヤエベニシダレ
素晴らしいい枝垂れです。
のびのびと
 今年最後の花見になった米内浄水場のヤエベニシダレ、ようやく「幸せの時間」が作れました。

毛越寺大泉ヶ池の一本桜2013年04月25日 16時20分37秒

 平泉の毛越寺大泉ヶ池の畔に咲く一本のしだれ桜の姿がとても好なので鑑賞に行ってきた。中尊寺付近の桜が満開になるころはこの桜は終わってしまうのでこの桜だけに電車賃をかけて平泉を往復した。
※大泉ヶ池の石組みからその桜を入れて撮る
大泉ヶ池
※桜をめでる観光客ををいれて対岸から撮る
境内の枝垂桜「
※ひ弱く繊細な幹事の枝垂桜が愛おしいい
※大泉ヶ池の石組みを望む
 いよいよ、石割桜や城跡公園が開花宣言された。市内の桜は連休中が見ごろになるだろう。